アルコール依存症の親からの暴力

g-03.jpg

親がアルコール依存症で、お酒を飲むと暴れて子供や奥さんに暴力をふるうという家庭はかなりあり、たいていは父親がアルコール依存症の場合が多いのですが、なかには母子家庭で母親がアルコール依存症になっていて暴力を子供にふるう場合もあります。

毎日繰り返される父親の暴力に家族はいつも父親の機嫌を伺い、常に緊張した状態でいつ父親が暴れだすか不安と恐れで心がいっぱいになって暮らしてきた経験がある人は大人になっても心に大きな傷跡が残ります。

父親が母親を殴り、そのうち自分も殴られるようになった経験がある人も多いのですが、常に母親だけに暴力をふるっていた場合で自分では直接、暴力を受けなくても心にひどい傷を受けて大人になるものです。

親などから虐待を受けて育った子供は

「絶対、親のようにはならない!」

と幼い心に誓うものです。

しかし現実に自分が親になってみると、イライラしたり不安なことなどがあるとつい、子供に当たりいつのまにか憎んでいた親と同じ自分に気がついて愕然とするものです。

これは体験として毎日虐待を受けていると振舞い方として身についてしまい、カッとなると親と同じことをしている自分に気がつき、自責の念に駆られるというパターンになることが多いのです。

その原因の一つに傷ついたインナーチャイルドが癒されていないために、あれほど憎んでいた親と同じ行動をしてしまうという傾向があります。

あなたは親に虐待を受けて育った経験がありますか?

もしあなたが虐待を受けて育った経験があるなら、あなたが今、その傷と真剣に向き合い癒さなければ子から子へと負の鎖が受け継がれていきます。

その負の鎖を断ち切るためにはあなたが決心し、行動しなければ何も変わらないでしょう。

子供に虐待をする親の多くは虐待を受けて育った人がたくさんいます。

もしかしたらあなたの親も虐待を受けて育ったのかもしれません。





不安障害や恐怖症、アダルトチルドレンでお悩みの人に自分を変えて明るい人生を送るためのヒントになる方法を紹介しています。

不安障害改善マニュアル
不安障害などの原因
自分でできる改善方法
特典のご案内
海外ドラマ