安全性を確保する

k-02.jpg

アダルトチルドレンの人の癒すをするにあたって、まずはじめにしなければならないことは「安全性の確保」です。

安全の確保には身体的に安全を確保する場所も問題ですが、あなたがACの心の傷を癒すという行動に対して、必ずといっていいほど邪魔が入ることも想定してください。

とかく人間は変化を嫌います。

それがひどい状態でも、昨日と同じようにひどい状態であるなら、それを受け入れてしまい変えることを望まないことが多いのです。

潜在意識がいい例ですね。

人間の潜在意識は変化を嫌います。

あなたが今置かれている状況がどんなに悪い状態であっても、昨日と同じ悪い状態を維持しようとするのが潜在意識です。

他人や家族から「そんなことしたって効果がない。」とか「やっても無駄だ。なにも変わらない。」とあなたの行動を阻止することを言われることがあります。

その人たちはあなたが良くなること(変わること・・たとえ良い方向にでも)を望んでいないからです。

元に戻そうとする力があなたを襲うかもしれないのです。

また、「自分のことばかりかまって。」というような罪悪感をあなたに植えつけようとするかもしれません。

しかしアダルトチルドレンの人は自分で自分の世話をする必要があるのです。

あなたが変わることを望んでいるならあなた自身が行動しなければなりません。

また、家族や他人から邪魔が入った場合、あなた自身もあなたの行動を邪魔すると考えてください。

「こんなことやったって何も変わらない。」

「私なんかどうせダメな人間だ。」

「努力するだけ時間の無駄だ。」


というような心の声によって癒しを中断してしまうこともあります。

ですから邪魔されないためにも癒しや回復に対して批判的な人には口外しないという必要もあるのです。





不安障害や恐怖症、アダルトチルドレンでお悩みの人に自分を変えて明るい人生を送るためのヒントになる方法を紹介しています。

不安障害改善マニュアル
不安障害などの原因
自分でできる改善方法
特典のご案内
海外ドラマ